ロシア産“活ガニ”が小樽上陸ならず! (2002/04/12)

rosia.jpg ロシアの密漁ガニの輸入防止のために、水産庁が行った規制の影響で、小樽港に入港する船が4月に入りパッタリと止まっている。

 これは、水産庁がロシア船の入港に、ロシア政府発行の「貨物税関申告書」の提出を義務付けたため。4月8日には久し振りに、ロシア船2隻とパナマ船(船員はロシア人)が、活ガニを積んで入港したが、このうちロシア船の2隻は「貨物税関申告書」が偽造されたものと判り、荷揚げを中止させ、活ガニの小樽港上陸はならなかった。

 4月に入って、カニを陸揚げするロシア船の入港がパッタリとなくなっていることから、市内の水産土産物店なども、今後のカニの入手に頭を痛めることになりそうだ。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈