今も残る手宮の高架桟橋の2基の橋脚跡! (2002/05/16)

hashiato.jpg 手宮岸壁には、かつての小樽の繁栄を物語る石炭桟橋の橋脚跡が、今も海面に2つ顔をのぞかせている。取り壊されずに海面に顔を出している2基の大きな四角い物体は、京浜地区へ大量の石炭を送った大桟橋の名残りだ。

 「明治45年から使われた手宮の石炭桟橋は、高さ19メートル・海面に290メートル突き出ていたから大型空母の偉容だった」(小樽街並み今・昔 大石章 北海道新聞社刊)という。

 日曜日には釣り客が多く釣り糸を垂れているが、この巨大な塊がかつて小樽を支え、6,000トンの船を4隻係船できた大橋脚の跡だと知っている人は少ない。釣りや散歩のついでにゆっくりと眺めると、かつての賑わいが聞こえてきそうだ。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈