汽笛とともに出発!SLニセコ号 (2002/09/07)

niseko.jpg 後志路に秋を告げるSLニセコ号の運行が、9月7日(土)から始まった。運行初日の7日9:19に黒煙と蒸気を高く上げながら、札幌から小樽駅にSLニセコ号が到着した。

 小樽駅では潮太鼓やブラスバンドの出迎えの中、9:30からSLニセコ号出発式が行われた。レトロな車掌や機関士に花束が贈呈され、9:58に黒煙をもうもうと吹き上げたSLは、小樽駅を出発、ニセコへ向かって姿を消した。

 秋のSLニセコ号は9月7日(土)から11月10日(日)の延べ27日間運転される。運転日は9月7日〜29日の金・土・日・祝日、10月5日〜27日の土・日・祝日、11月2日〜10日の土・日・祝日の延べ27日間。SLニセコ号の運行は今回が3回目で、旅情を誘う車内には、サロンカーやレトロな客室があり、サロンカーではピアノの演奏も行われた。SLの雰囲気を、レトロな服装に身を包んだ車掌や車内係員が、盛り上げていた。

 SLニセコ号は、往きは札幌駅発8:32、小樽駅着9:19、小樽駅発9:58、ニセコ駅発12:15、蘭越駅着12:39。帰りは、蘭越駅発12:45、ニセコ駅発13:10、小樽駅着16:16、札幌駅着17:28で運転される。全車指定席で、乗車券の他に指定席券800円が必要。

 写真をクリックすると大きくなります。動画も併せてご覧下さい。

http://www.jrhokkaido.co.jp/travel/slniseko/

Dsc05306.jpg
Dsc05318.jpg
Dsc05356.jpg
Dsc05357.jpg
Dsc05359.jpg
Dsc05363.jpg
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈