“ぎんなん”がたわわに実る住吉神社! (2002/10/20)

ginnan.jpg 市内住ノ江2丁目にある住吉神社境内の銀杏の大木が、今たわわに“ぎんなん”の実を付けている。

 住吉神社は300年の伝統を誇る格式ある神社で、周囲は鬱蒼とした木立に囲まれている。中でも、イチョウの大木が多く、ぎんなんの実が枝に溢れんばかりに付いている。

 “ぎんなん”拾いに来た人は、短時間でビニール袋2つも取って「今が旬で、こんなにいっぱいになったよ」と満足げな様子。ここのぎんなんの実は、小粒だが味は良く、近隣の人々のぎんなん拾いがしばらく続く。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈