早くも“初詣”の準備! (2002/12/14)

sumiyosi1.jpg 市内住ノ江にある住吉神社で、早くも“初詣”の準備作業が進んでいる。住吉神社(住ノ江2-5-1)は、1688年(元禄元年)に創建され、300年を越える伝統を誇る格式ある神社。

 ここで行われる夏の例大祭は『小樽まつり』として、市民に親しまれている。

 雪をかぶった木立の奥にある社殿前では、14日(土)に早くも2003年の“初詣”のための天幕を支えるヤグラの組立て作業が始まった。「雪が積もると、作業がやりづらいので、今年は雪が沢山降る前に“初詣”の準備をして欲しいとの神社の意向があり、作業に取りかかった。あと2日程で完成するが、例年は25日頃に出来るので、今年は10日間位早くなっている」とのこと。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈