空手道場の鏡開き! (2003/01/12)

karate.jpg 北海道勧仁塾道場の“鏡開き”が、11日(土)午後7時より、春風館道場(緑1)で行われた。

 住吉神社の宮司の御祈念の後、塾生一人一人が手にした日本刀で2段に重ねられた鏡餅は、一筋一筋切込みが入れられ、最後に山村弘一主席師範の手により真っ二つに割られた。

 鏡開きは、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとしていただく儀式。餅を食べる者には、力を授けられるといわれている。

 もともとは武家の間で行なわれていた習慣だったが、その後、縁起を大切にする商人の間に広がり、一般化したといわれる。

 供えた餅を下げる日は、各地方によって違いがあるが、現在は1月11日が一般的になっている。割られた餅は父兄の手により雑煮として振舞われ、育ち盛りの塾生たちの腹に収まった。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

オリジナルカップ麺に笑顔!新年子ども会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈