激寒の中の波乗り! (2003/02/13)

surfing.jpg 小樽から余市へと抜ける国道5号線沿いは、風光明媚な海岸線として知られているが、この時期車窓からは、真冬の日本海に挑むサーファーの姿を見かけることが多い。

 塩谷海岸やフゴッペ海岸で良く見かけるのは、主に札幌方面から波を求めてやって来るサーファーだ。13日(木)は、気温−5℃、西の風が強く、波が3mという悪天候の中、塩谷海岸では、ウェットスーツに身を包んだサーファーが、波に乗るタイミングを計っていた。

 ウェットスーツは、海水を完全に遮断するものではないため、冷えきった海水が肌に突き刺さる。
 さすがにこの日はうねりが強く、波乗り日和とはならなかったようだ。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

オリジナルカップ麺に笑顔!新年子ども会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈