手宮公園秋の栗拾い (2009/09/26)

kuri1.JPG 9月最後の週末、市内手宮公園(手宮2)に、秋の栗拾いに、市民たちが三々五々と訪れている。

 手宮公園(約9,000平方メートル)は、栗の北限の自然林として知られている。推定樹齢100~170年の自然繁殖した栗の大木が並び、見事な自然林を形成している。

 今年は8月下旬頃から、栗の木の枝にイガに包まれた実が出来始めた。9月上旬の気温は平年よりも1~2℃高く推移したが、中旬からは平年並となり、イガが一気に茶色づいた。
kuri2.JPG

 下旬になると、栗の実がイガの間から顔を出し、散策路に散乱した。

 26日(土)は天候も良く、近所の住民たちが、散歩がてら栗拾いに同園に足を運んだ。散策路に散らばるイガの中から実を取り出し、ビニール袋に次々と入れていた。

 栗拾いを楽しんでいた人は、「まだ緑色のも木についているから、もう少し栗拾いを楽しめそうだ」と話していた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈