なまこ密漁の悪質グループ摘発!小樽海保

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽海上保安部(港町・村田織彦部長)は、28日(土)、積丹町出岬付近の海域で、なまこ196.86kg(120万円相当)を密漁した容疑で、小樽市と札幌市在住の男性4人を26日(木)に逮捕し、28日(土)に札幌地検小樽支部に送致したと発表した。
 小樽海保が逮捕した4人は、小樽市在住で島谷知己(46・長橋5)、宮野鉄也(42・花園1)、小山健一(41・若松2)、札幌市の稲垣秀治(46・手稲区)。全員無職。
 26日(木)の日中、積丹町出岬付近の海域で、ゴムボートと簡易潜水器を使用して、なまこ196.86kg(120万円)相当を密漁した容疑。小樽海保は、26(木)19:00過ぎに緊急逮捕し、28日(土)に札幌地検小樽支部に送致した。同グループは、これまでも同所で、なまこの密漁を組織的に繰り返して行っていた疑いがあり、今後、余罪等の解明に努めるとしている。
 罪名・罪条は、漁業法第138条第6号(懲役3年又は罰金200万円以下)、水産資源保護法第36条第1号(同)、北海道海面漁業調整規則違反第5条第2号フ(潜水器を使用してのなまこの無許可漁業)。(写真提供:小樽海上保安部)

aqua.jpg  bonbe.jpg gomuboat.jpg namako.jpg