穏やかな立冬!シーズン最後のゴルフ (2018/11/07)

1107weather1.jpg 11月7日(水)は二十四節気の立冬だった。暦の上で立冬は「冬の始まり」を言い、季節の大きな節目となる。

 朝晩の寒さが強くなっているが、7日の小樽の気温は、最低3.3℃・最高10.4℃、平均7.3℃だったが、日中は太陽が顔を覗かせ、風も無く穏やかな天気となった。

 この時期、例年では、初雪を観測する頃だが、今年はまだ初雪の気配が感じられない。

 雪のない立冬の小樽では、シーズン最後のプレイを楽しむゴルファーが、小樽カントリー倶楽部旧コース(銭函3)に繰り出し、紅葉した周囲の山々を眺め、仲間と交流しながらプレーしていた。
1107weather2.jpg
 「今日は風も無く絶好のゴルフ日和となった。あと何日できる分からないが、雪でクローズされるまではプレイを楽しみたい。コンペだったが、成績が振るわなかったのが残念だった」と話していた。

 同倶楽部旧コースは、11月23日(金・祝)まで営業するが、雪が積もればクローズとなるとのこと。

 小樽カントリー倶楽部

 関連記事
 

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


冬場の健康増進に一役!歩くスキー教室

寒波と猛吹雪に凍える小樽!今冬一番の冷え込み

小樽市成人式! 約900人が集う

新成人無料と3連休特別企画 おたる水族館

オリジナルカップ麺に笑顔!新年子ども会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈