芸術文化を応援!小樽プロモーショングループ設立 (2019/02/19)

 小樽の芸術・文化を応援する「小樽プロモーショングループ」を発足し、2月19日(火)11:00から、その概要を記者レクチャーで発表した。

 同グループ(通称OPG)は、現在、上林猛本部長・熊谷敬子事務局長ら7名。2018(平成29)年3月末をもって閉校した入船小学校の惜別の会が、2017(平成28)年11月25日に行われ、1955年に入学し3年生の途中まで在籍したあがた森魚氏が招かれライブを開催。

 ライブでは、同氏が当時担任だった思い出深い佐藤敬子先生の歌などを演奏。会場で上林本部長と初めて出会ったのが、発足のきっかけとなる。

otarupromo.jpg
 活動第1弾は、同氏が監督を務めるドキュメンタリー映画「佐藤敬子先生を探して」の公開プロモーションの開催を予定。小樽のありのままを映し出し、地味ではあるが飾らない小樽が収録されている。製作のため、何度も小樽を訪れ、同本部長をはじめとする市民有志が撮影・収録に協力。3月に映画が完成する。

 上林本部長は、「この映画のあがた氏の目を通して映し出した映像は、飾らないありのままの小樽が見事に表現されていて感動した。小樽は歴史的建造物などに恵まれているが、小樽の魅力は、これらの建物に見合う人々の営み、文化の継承が重要と考え、同グループの発足となった」と説明。

 1弾目として、同映画の支援をしているが、今後は、小樽を生み出す文化・芸術を、同グループを起点に発信する予定だ。

 趣旨に賛同し、活動に協力するサポート会員を募り、3月8日(金)レピオで、サポート会を発足させ、3月20日(水)18:00から運河プラザ(色内2)で、あがた森魚ライブを予定。同時にサポート会員を集めパーティーを開催し、交流を図る予定だ。詳細は未定だが、トークを交えた上映会ができればと期待を寄せている。
 申込は、申込書に必要事項を記入し、郵送(〒047-0036 小樽市長橋2-15-13 小樽プロモーショングループ事務局中村方)、メール、またはFAX(0134-33-2934)で。問合せは080-4045-1461

 協賛団体・協賛会員1口1,000円
 ゆうちょ銀行 記号19020 番号51672381 小樽プロモーショングループ

 小樽プロモーショングループ入会案内


   知事選挙  道議会選挙  市議会選挙  Google ニュース  Yahoo!ニュース


北前船を知ろう! 本気プロが探検ツアー

第16回吹奏楽フェスティバル 22団体が共演!

558人が緑丘に別れ!小樽商大学位記授与式

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈