市長提出議案が可決 市議会第1回定例会閉会 (2019/03/14)

 小樽市議会(鈴木喜明議長)は、3月14日(木)、2019(平成31)年第1回定例会最終日を迎え、本会議を開催した。

 各委員会の委員長による審議結果の報告後、採決が行われ、迫(はざま)俊哉市長が提案した議案37件全てが、原案通り可決された。

 これにより、迫市長にとって初の本格的な政策予算が確定し、4月1日から執行されることとなった。

 市長は、各市議にとって任期最後となる定例会の審議が全て終了し、この4年間、二元代表制における市政の発展と、監視役として各市議が職責を果たしてきたことに対し、感謝と敬意を述べる挨拶を行った。

 また、今期で勇退を表明している、斉藤陽一良・新谷とし・横田久俊・安斎哲也・酒井隆行各議員に対し、各会派のリーダー・市民各層の代表として重責を担い、市政の推進に大きな役割を果たしてきたことに改めて感謝を述べ、今後もそれぞれの立場から市政運営への力添えをお願いした。

 最後に、山積する多くの課題を解決し、夢あふれる元気な小樽を実現するために、市民・議会・市長が互いに信頼関係を持ち、スクラムを組んで力を合わせる必要を強調した。

 H310314 本会議1

 H310314 本会議2
 

   知事選挙  道議会選挙  市議会選挙  Google ニュース  Yahoo!ニュース


北前船を知ろう! 本気プロが探検ツアー

第16回吹奏楽フェスティバル 22団体が共演!

558人が緑丘に別れ!小樽商大学位記授与式

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈