タルシェ移動販売車 市民に美味しさと便利さを提供 (2019/04/04)

 JR小樽駅構内で小樽・後志の地元の恵みを提供している、駅なかマートタルシェを運営する株式会社たるしぇ(齊藤哲治代表取締役)は、このほど軽トラックの移動販売車が完成し、市内6ヶ所で出張販売会を開始した。

tarusye1.jpg

 移動販売車で冷蔵・冷凍食品の運搬が可能となり、小樽・後志の野菜やパン・和菓子・加工品・豆腐や冷凍ハンバーグなど、駅なかマートでの人気商品70~80種類を積み込み提供。

 店のコンセプトでもある、多くの人に、小樽・後志の安全で安心な美味しい食品を提供することと、高齢化が進み、坂の多い小樽の地形を考え、家の近くで買物の手伝いができればと、4年前から構想を練っていた。

 同社は、7年前に駅なかマートをオープンさせ、その後、小樽・後志の産品を広めたいとの思いに賛同してくれる販売店(新日本海フェリー・北海道ワインギャラリー・くっちゃんマルシェゆきだるま)に卸売りを始めた。

 昨年5月から、月1回のペースで、梅広会館(梅ヶ枝町)内で、移動販売を試験的に実施したところ、近隣市民にとても喜ばれた。

tarusye2.jpg

 市内の各町内会とも相談し、店の思いを伝え、安心で開ける場所を確認。4月から、市内6ヶ所で移動販売車による出張販売会を実現させた。

 まず、4月4日(木)11:00~14:00に、梅広会館前で移動販売を開始。赤井川・山中牧場の「黒豚ハンバーグ」、ニセコ・高橋牧場「のむヨーグルト」、余市・福原豆腐店「木綿、絹豆腐」、ねぎやにんじん・じゃがいもなどの野菜に、一時は列を作るほどの盛況ぶりとなった。

 買物に訪れた女性は、「タルシェが大好きで、近くに来てくれて助かります」と笑顔で答えた。

 齊藤社長は、「出向いて喜んでもらえることがなにより。納豆などの冷蔵品も運べるようになった。今後は、安全を考えた場所が確保できれば、今の開催場所よりも拡大し、定期的に開催できるよう検討したい」と話した。

 【4月の販売会日程】

 塩谷地区   4/1・ 4/22 小樽老人保健施設「はまなす」玄関前 
        4/1・ 4/8 ・4/15・ 4/22 塩谷1丁目21
 富岡・緑地区 4/2・ 4/9・ 4/16・ 4/23 富岡1丁目23
        4/2・ 4/9・ 4/16・ 4/23 緑3丁目1
 松ヶ枝地区  4/3 ・4/10・ 4/17・ 4/25 松ヶ枝2丁目5
 梅ヶ枝地区  4/4 梅広会館前

 駅なかマートタルシェHP
 

   市議会選挙  知事選挙  道議会選挙  Google ニュース  Yahoo!ニュース


博物館の春支度! 展示車両シート外し

合同庁舎で火災防御訓練 約80名を避難誘導

大漁旗と鯉のぼり泳ぐ!勝納川の春便り

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈