寂しい年末商戦、マイカル小樽は片肺飛行! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


vivre.jpg マイカル小樽を経営するマイカル本社(大阪市)の破たんで市内築港にある巨艦の建物が片肺飛行を余儀なくされている。12月に入っても小樽ビブレは売場がほとんど閉鎖され、改装中の貼紙が、寂しくあちこちに貼られたままで、買物客もまばらだ。北側のサティに対して、南側のビブレは、撤退の報道もされるなど、今後の見通しも立っておらず片肺飛行の年末商戦となっている。