函館本線雪景色〜小樽ー銭函間の運転席から〜 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 JR小樽駅から札幌駅を経て、千歳空港へと、快速エアポートが走る函館本線は、今、雪景色の真っ最中だ。雪を舞い上げながら、鉄路を疾駆する電車は力強く、今でも札幌圏と小樽とを結ぶ、最強の交通機関となっている。
 雪が舞う季節になり、辺りが一面の銀世界に変っている海岸線を、すれすれに走る小樽ー銭函間の眺めは素晴らしい。冬の石狩湾と打ち寄せる波を存分に味わえるのは、北国ならではの、鉄道利用の特典だ。
 小樽ー銭函間の、海岸沿いに走る運転席からの雪景色を、動画と写真で楽しむのも、インターネット新聞を利用する人だけのものだ。