市立病院の医療ミスの患者が死亡!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1月10日に市立小樽病院で起きた、患者の酸素吸入器の電源スイッチの入れ忘れによる、医療ミスの患者さん(84)が、14日朝に死亡した。小樽署は、医療ミスと死亡との因果関係を調べるため、司法解剖する。