イージス巡洋艦『きりしま』が小樽港に! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


easy.jpg 雪をかぶった冬の小樽港に、25日(金)午前9時30分、タグボートに牽かれ、イージス巡洋艦が中央埠頭に着岸した。この艦は、海上自衛隊の護衛艦『きりしま』7,250トンで、乗務員243人の休養や物資の補給が目的で、28日まで小樽港に停泊する。
 同艦は、26日(土)・27日(日)の両日に、一般公開される。26日には、公開を知らずに見物に来た人たちが、隊員に声をかけられ、艦内に足を踏み入れ、船首から船尾まで、逐一案内の隊員の説明を聞きながら、艦内を見学していた。27日(日)の公開は、午前8時から午後4時まで。