小樽高商の人物群像を描く『小樽高商の人々』 (2002/04/23)

kosho.jpg 2001年に創立90周年を迎えた小樽商科大学の高商時代の多彩な人物群像と、数々のエピソードを綴る『小樽高商の人々』が、この程出版された。

 同書は、小樽商科大学の前身、小樽高等商業学校時代の「校長群像」「高商アカデミズムの人々」「小樽高商に学ぶ」の3編からなる小樽高商小史。小樽高商の成立から、戦時下の教育状況、同校のアカデミズムの実態や、同校に学んだ人々をそれぞれのエピソードを数多く交え、学校が、時代と社会にどう関わってきたかを明らかにしている。小林多喜二や伊藤整から、一般の学生までの生活も様々に記述されており、興味深い一冊となっている。「小樽商科大学100年史」執筆への、橋渡し役をしっかりと果している。

 同書の表紙カバーは、小樽出身の優れた洋画家中村善策の「緑丘回想」から取られ、当時の面影を偲べる。『小樽高商の人々』小樽高商史研究会編 北海道大学図書刊行会 定価(本体2,000円+税) 2002年3月25日刊。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈