朝里ダム展望台の情けない看板!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


asaridam.jpg 新緑が水に映える朝里ダムは、GW期間となり、訪れる人も多い。このダムの展望台にある金児杜鵑花句碑(かねことけんか)の句碑の説明板が情けない姿をさらしている。
 「み仏に滝のしぶきや百合の花」石碑の傍に建つ説明板は、いたずらや年月の重なりで、ほとんど削り落ちて読めない状態だ。
 オタルナイ湖を一望出来るこの第一展望台は眺望が良く、これからの季節、訪れる人も多いが、判読不明の看板を前に、「これじゃ観光小樽が泣くね」という声があがっている。