今年最後の「骨董・アートの世界」 (2002/10/26)

art.jpg 秋色深まる住吉神社(住之江2)で、10月26日に今年最後の「骨董・アートの世界」が開かれた。

 この骨董市は、住吉神社の入り口の参道の両側に露店を開き、様々の骨董品を並べて販売するもの。

 新緑の4月から紅葉の10月までの第4土曜日に、7回に渡って開かれていた。今年最後となった26日の土曜日は、境内の樹木の秋色の中での午前9時から午後4時までの開催。

 陶器類や古雑貨、レコードなどに常連となった骨董マニアたちや 参詣の市民たちが足を止めていた。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈