小樽の街と海を結ぶ、大型の虹! 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


rainbow1.jpg 10月4日16:20から数分間。雨の上がった小樽の街と石狩湾を結ぶ見事な虹の掛け橋が見られた。小樽の海と陸とを南北に結ぶ半弓の大型の虹だ。
 虹を見る機会は決して多くないとされているが、雨上がりの数分間、太陽が差し込んで出来る自然の神秘的な贈り物。虹は「雨上がりに太陽光線が差し込むと、太陽光は浮かんでいる水滴の中で屈折し、波長によって屈折率が違うため、色彩を表現する」とされている。
 小樽の海と陸を半円で結んだ大きな虹はまさに自然の美しさを実感でき、時を忘れて見入ってしまう。小樽の人は何人このつかの間の虹を見ることが出来ただろうか?小樽にレインボータウンがあるのは、虹がよく見られるからなのか?「虹が10分も見えていたら、もう見る人はいなくなるだろう〜ゲーテ〜」
虹を見るホームページはこちら