秋の午後、小樽の街に流れるミュージック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ミュージシャンとライブハウスが作る、手作り音楽イベント“音座なまらいぶ小樽2002”が、10月13日(日)14:00から、市内のライブハウス・居酒屋・ビアホールなど11会場で行われる。
 今回の“音座なまらいぶ”は71バンドが参加予定で、会場は、あじや/一匹長屋/小樽倉庫No.1/小樽まち育て情報センター/海鱗丸境町店/カサ・デ・パンチョビラ/カスタムロード/すかんぽ/ハモンド/フリーランス/遊人002の11会場。それぞれの会場が、演奏者と客が一体となる参加型のイベントを目指している。
 参加バンドはプロからアマまでと幅広く、演奏ジャンルも多彩の7時間にわたるマラソンライブで、この日は市内のあちこちからジャズやロック、フォークなどの曲が街に流れる。
 “音座なまらいぶ”は1999年から始まって、すでに4回目を数えるが、あちこちの会場を行き来しながら、演奏を楽しむ遊び感覚が受けて、大勢のファンを獲得しつつある。スタンプラリーも用意されており、秋の一日を好みの演奏を探す音楽散策を楽しめる。
音座なまらいぶホームページはこちらから