七五三詣、晴れ着親子次々!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


753.jpg 全国に先駆けて北海道の七五三詣が、ひと月早い10月から始まった。街の中で雪虫が飛ぶようになり、小樽もそろそろ雪の季節を迎えようとしているが、10月の連休3日間は特に晴天に恵まれ、14日の体育の日は大安ということもあり、晴れ着に身を包んだ我が子を、カメラに収めようと奮闘する親の姿があちこちで見られた。
 少子化が進む中、小樽もその例に漏れず、子供の数が減少しているが、小樽の住吉神社では、14日は昼頃までに35組の親子が訪れ、子供の健やかな成長と家内安全を祈願していた。七五三詣は11月15日まで行われる。