青春の“若き血”小樽で燃ゆ!東京六大学OBの集い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6dai.jpg 若き日、東京六大学に学んだ小樽ゆかりのOBたちが、一同に集う「第14回東京六大学OBの集い」が、11日(月)18:00から小樽グランドホテルで開かれた。
 この「東京六大学OBの集い」は、1986年から開かれ、近年では隔年開催となっているが、今回はすでに14回目を数えている。
 会にはOBの面々85名が参加。早大小樽校友会11名、明大校友会小樽支部23名、小樽立教会10名、法政大学校友会小樽支部23名、小樽三田会17名、東大小樽OB会4名の88名のうちの85名。ゲストとして、日大OBの山田勝麿小樽市長が招待された。
 髪の薄くなった人や白髪の年輩者が多い中、青春時代の東京生活の想い出話や、東京六大学野球の最近の結果などで、話が大いに弾んだ。参加者による六大学校歌の斉唱やエールの交換もあり、青春の“若き血”を小樽で燃やす一夜となった。