文化の日に、日本舞踊と和楽器の調!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


mai.jpg 文化の日の11月3日は、9月25日から各会場で開かれていた、第53回小樽市文化祭の最終日。
 最終日には、小樽市文化祭実行委員会の主催で、市民会館大ホールで「日本舞踊のつどい」と、市民センター<マリンホール>で「和楽器・日本の調」が開かれた。
 「日本舞踊のつどい」では、西川流や藤間流・花柳流・若柳流の各社中が、優雅な舞を披露。「和楽器・日本の調べ」では、筝曲の部で山田流と生田流、尺八の部で琴古流・都山流が、それぞれの演奏を披露し、訪れた観客から拍手を受けていた。