あわびの密漁に“御用”!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mituryo1.jpg
密漁に使用されたゴムボート
mituryo2.jpg
密漁に使用された潜水用具

 小樽海上保安部は、9日11:00あわびの密漁を繰り返していたグループ4名を逮捕したと発表。この「あわび潜水器密漁事件」は、小樽海上保安部が、かねてから内偵していたもの。
 11月7日小樽市オタモイ海岸を張り込み中、午後10:30頃に、内偵中の密漁グループ4名の乗り組んだ船外機付ゴムボートが、海岸に戻って来たところを急襲。8日午前1:04までに北海道海面漁業調整規則違反(無許可潜水器漁業の営み行為)で、現行犯の3名を逮捕。この際逃走した1名を、8日午後9:13に逮捕した。
 逮捕された4名は、市内若松2-5-12・小西康之(25)無職と、市内末広町29-7・熊倉康二(24)会社員と、18歳の少年2名の4人。4人はアクアラング(簡易潜水器)を使用してあわびの密漁を繰り返していたが、同部の地道な捜査で、夜の密漁事件を摘発したもの。
 押収したあわびの量は、えぞあわび1,070個(約57キロ)で、市場価格は約45万円という。
上記の写真は小樽海上保安部撮影