消える港内巡り“ポートシャトル便”!売却される「クリスタル・オブ・ザ・シー」! (2003/03/11)

crystal.jpg 海から小樽を眺める絶好の観光船「クリスタル・オブ・ザ・シー」のポートシャトル便が、今春から廃止され、白い優雅な船体で港内を巡っていた同船は、近く売却されることになった。

 観光シーズンの4月下旬から10月中旬まで、小樽港内第3ふ頭の観光船乗り場と、マイカル小樽や石原裕次郎記念館のある築港臨海公園とを、25分で結ぶ白い船体の「クリスタル・オブ・ザ・シー」は、港内をゆっくり巡り、小樽港に一幅の絵を描いていた。

 同船は、小樽最大の祭り“潮まつり”の“潮わたり”でも、船団の先頭で港内を周遊し、市民にも親しまれていた。

 2003年から運航を中止するポートシャトル便は、小樽観光振興公社(港町4-2)が運営し、当初、第3号ふ頭と小樽港マリーナを連絡していた。1999年春に、小樽築港地区に開業した大型複合施設「マイカル小樽」の利用客を狙い、乗り場を築港臨海公園側へと移設。港内巡りのポートシャトル便として活躍していた。

 しかし、マイカル本社の破たんと、マイカル小樽を運営する小樽ベイシティ開発(OBC)の民事再生法申請などの影響で、マイナスイメージを払拭できず、ポートシャトル便の乗客の減少に歯止めがかからなかった。

 また、「クリスタル・オブ・ザ・シー」(49トン、定員50人、1991年7月竣工)の転用先を探していたが、採算面で折り合いがつかず、結局売却については、3月27日の小樽観光振興公社の総会で決まる予定となっている。

 なお、同振興公社が運営している小樽海岸海上観光船の、オタモイ航路と祝津航路は、4月下旬から10月中旬まで、引き続き毎日運行されることになっている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


スポーツの力で除雪問題解決! 新雪かき選手権

雪あかりを守る人々 10日間のイベント終盤

手宮中央小PTA雪まつり そり滑りや雪像作り

プロジェクションマッピングに挑戦 未来創造高

高さ約20mの屋根の雪おろし 金融資料館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈