力作が揃った“矯正展”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kyosei.jpg 全国60施設から出品された、刑務所作業製品の展示即売会が、月形刑務所の企画で16日(日)9:00より小樽公会堂(花園5-2-1)で開催された。長引く不況や、中国・東南アジアの安い輸入品におされ、受刑者に行わせる作業が激減している。受刑者の職業訓練と社会復帰に大きな支障をきたしているのが現状だ。
 会場には、1200点に及ぶ作品が並んだ。最近は、外注先から来た部品を組み立てているだけのものが出回ったことがあり、クレームがついた事例があったが、今回の“矯正展”では、一部の協賛品を除き、全て刑務所主体で作業した、付加価値の高いものが展示された。
 市価の半額ほどの高級家具は、素材から吟味されたもので、値打ち感のあるものばかりだ。高級家具のような、高い技術が要求される作品は、長期刑が確定した受刑者の手によるもの。
 この“矯正展”は、明日17日(月)も9:00〜17:00まで行われる。問合せ 0126-53-3235 月形刑務所企画部内、22-0178 小樽市商工会館