「風雪・雷・波浪・着雪注意報」10日17:20

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 札幌管区気象台は、発達中の低気圧の通過での影響で、1月10日(土)17:20に、小樽市など後志北部に「風雪・雷・波浪・着雪注意報」を発表した。
 これによると、「これから11日朝のうちまでで雷が発生し、落雷の恐れがあります。引き続き大雪や吹雪による交通障害、突風、高波、電線着雪に注意して下さい」と呼びかけている。
 同気象台は、同じく10日16:50に、「低気圧に関する気象情報」を発表し、11日午前から昼過ぎにかけて、海上では北西の風が強い」とし、後志北部の降雪量の予想を、10日18:00から11日6:00まで20cm、11日6:00から18:00まで15cmとしている。
 札幌管区気象台のホームページ
 ◎北海道西部のレーダー
 ◎気象警報・注意報
 ◎低気圧に関する気象情報
 ◎気象情報
 ◎天気予報