猛吹雪で大荒れの23日 「暴風雪・大雪・波浪警報」!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2月23日(月)の小樽市内は、発達中の低気圧の影響で、「暴風雪・大雪・波浪警報」も出され、猛吹雪の大荒れの天候となっている。
 札幌管区気象台は、23日10:35「低気圧に関する気象情報第5号」を発表。胆振沖を発達中の低気圧が通過中で、23日夜には更に発達し、北海道東方海上に進む見込みで、小樽市を含む後志地方などでは、引き続き、夕方まで北の風又は北東の風が非常に強く、陸上では猛吹雪、海は23日一杯は大しけとなる。23日夕方にかけて大雪となるとしている。
 23日13:00の小樽市内の気温は−2.9℃、積雪量は98cmと、今冬最大値を記録した。これは、22日13:00の積雪量74cmから、12時間で+24cmの積雪量となっている。23日18:00までの降雪量は50cmを予想。風と波は、23日夕方まで海上28m、海岸20m、内陸16m、波の高さ8mを予想。
 「大雪や猛吹雪による交通障害、突風、高波に厳重警戒」を呼びかけている。23日13:00現在「暴風雪・大雪・波浪警報」と「なだれ注意報」が発表されている。
 この猛吹雪で大荒れの天候は、交通機関に大きな影響を与えている。新千歳空港・丘珠空港は、滑走路が閉鎖し、JR函館線も大幅に遅れ、道路も札樽道が通行止めになっている。