小樽商大前期日程入試に973人が挑戦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


shodai.jpg
 小樽商科大学入学試験(前期日程)が、穏やかな冬晴れの“受験日和”となった25日(水)に行われ、受験生973人が国立大の難関に挑んだ。

 小樽商科大学(秋山義昭学長・緑3-5)が、25日に実施した入学試験は、昼間・夜間主コース一般選抜と、専門高校・総合学科卒業生選抜試験。

 昼間コースの経済学科・商学科・企業法学科・社会情報学科の4学科の募集人員は290人で、志願者数973人のところ、受験者は865人で、実質倍率は2.98倍。夜間主コースは、12人の募集に95人が受験、実質倍率は7.91倍。専門高校・総合学科卒業生選抜は、5人の募集に13人が受験、実質倍率は2.6倍となった。

 9:50から始まった学力試験は、昼間コースは「英語」「数学」「国語」の3教科必須、夜間主コースは「英語」必須、「数学」「国語」から1教科選択、専門高校・総合学科卒業生選抜は「小論文」が必須。この他に、「健康診断」が行われた。

 前期日程入学試験の合格発表は、3月6日(土)9:00から。同校のホームページのインターネットでも同時に発表する。

 小樽商科大学HP

2004前期日程入試試験


募集人員

志願者数

受験者数

倍 率

昼間コース

290

937

865

2.98

夜間主コース

12

103

95

7.91

専門高校・総合学科卒業生選抜

5

15

13

2.60


合 計

307

1,055

973

3.17