キャンドルハートに永遠の誓い!富岡教会の雪あかり結婚式!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







 カトリック富岡教会で、2月14日(土)雪あかりの結婚式が行われた。式を挙げたカップルは、教会の前庭に作られたキャンドルハートに永遠の誓いをし、祝福のフラッシュを浴びていた。

  カトリック富岡教会(富岡1-2)は、開催中の小樽雪あかりの路に合わせ、14日と15日に1組ずつが雪あかりウエディングをするイベントを企画。

 14日(土)17:00から、同教会2階の聖堂で式を行った新郎新婦は、手にキャンドルを持ち、玄関前で待ち受ける参加者の祝福を受けた。教会入口の道路から玄関までの100mの道には、両側にキャンドルが点々と灯された。前庭には、大きなキャンドルハートが作られ、雪あかりの結婚式が演出されていた。

 この日式を挙げたのは小樽在住のカップルで、家族・友人らの祝福に満面の微笑を浮かべ、キャンドルハートと記念撮影を行っていた。