昨年より10日も早く、旭展望台オープン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


画像の確認

画像の確認

画像の確認

画像の確認

画像の確認

画像の確認

海に囲まれた小樽市街を一望する、絶好の眺望地点・旭展望台への道路が、4月9日(金)10:00からオープンした。

昨年12月から冬期閉鎖されていた、旭展望台への市道松山線が、9日(金)オープン。これは、昨年に比べ10日も早く、道路脇に残る雪も少ない。閉じられていたゲートも開けられ、車や人の往来も始まった。風は強いものの晴れた空の下に、石狩湾を抱える小樽市街の絶景が、久しぶりに広がった。

子供を連れた家族やカップルが、肌寒い風に吹かれながら、展望台からの眺めに見入っていた。市の中心街から近いこともあって、犬を連れた散歩の市民の姿も次第に増えていた。観光シーズンも始まり、旭展望台も芽吹きの季節を迎え、訪れる観光客らも次第に数を増すことになる。

旭展望台に続き、天狗山観光道路が4月20日(火)10:00に開通し、朝里ダム記念館が4月24日(土)にオープンする。毛無山展望所は、4月下旬にオープンの予定だが、開所日は融雪状況によるという。

市の所管の観光施設のオープンとともに、小樽にも本格的な観光シーズンが到来する。