料亭・温泉旅館「銀鱗荘」新館がオープン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市内平磯岬の高台に建ち、豪壮で優美な佇まいを見せる鰊御殿の料亭旅館「銀鱗荘」が、鉄筋コンクリート造り5階建の新館をオープン、4月15日(木)から今季の営業を開始した。

 道内屈指の高級旅館として知られる「銀鱗荘」(桜1-1)は、石狩湾と小樽港を一望する絶景のロケーションにある。中央に望楼を持った鰊御殿は、築100年を超す歴史的な建物。ニシン漁大網元の漁場建築の代表的な建物だったものを移築して、料亭旅館として営業してきた。しかし、本館客室には、バス・トイレが無く、木造のため冬季間は休業となっていた。

 このため、本館隣りに、約4億円をかけ、鉄筋コンクリート造り5階建の新館を建築し、15日(木)からオープンした。新館は、2階から4階の約100平方メートル(30坪)の一般客室6室と、5階の約200平方メートル(60坪)の特別室の7室しかない。数寄屋造りの各室は、建築材や調度にも、最高のものを使用した、贅を尽くした造りとなっている。

 「銀鱗荘」は、平磯温泉としても知られる62℃の源泉を持つ湯元。露天風呂や館内のオリエンタル風呂、隅々まで行き届いた清潔さや、道内で採れる高級食材を使った料理でも有名で、日本の旅館ランキングでも、常に高得点を得ている。

 1名一泊二食付36,000円から100,000円で、新館5階の特別室(約200平方メートル)は、1名100,000円(2名限定)で、2~4階の各室は1名50,000円(3名からは1名40,000円)。詳しくはHPまたは、こちらへ

 関連記事1 関連記事2 銀鱗荘ホームページ