小樽潮陵が大金星!強豪の北照下し全道大会に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽市営桜ケ丘球場で行われていた、春の高校野球予選の小樽地区代表決定戦で、創部100周年の小樽潮陵が甲子園出場3度の強豪・北照を、5-2で下す大金星をあげ、全道大会への切符を手にした。

 小樽潮陵高校(潮見台2)は、小樽きっての進学校として知られる。同校野球部は、ちょうど創部100周年を迎える。このメモリアルイヤーに、20年ぶり4度目の春全道切符を手に入れた。しかも相手が強豪・北照であっただけに、選手や監督も大喜びだ。

 2-2で迎えた8回表、3連続安打などで勝ち越し、エース三輪圭祐投手が9回を投げきり、大金星を挙げた。全道大会は、31日から札幌円山球場で行われる。全道大会でも潮陵旋風を吹かせようと、関係者は張り切っている。3年生選手には、全道大会の前に、18日から中間テストが始まる。

 ◎春季高校野球予選・小樽地区代表決定戦 (17日) 


1

2

3

4

5

6

7

8

9


小樽潮陵

0

2

0

0

0

0

0

3

0

5

北  照

0

0

1

1

0

0

0

0

0

2