6月20日天狗山でクロカン、運河でロードレース!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 緑の濃くなった小樽の初夏のさわやかな風をうけ、6月20日(日)は、山で運河で、良い汗をかくスポーツ大会が開かれる。

 天狗山(最上2)で、18日(金)から3日間、J2・MTB小樽大会が開かれている。

 山頂から市街を一望する、素晴らしいロケーションで人気のあった北海道・小樽大会が、3年ぶりに復活しての登場。

 マウンテンバイク愛好者たちが、ポイント争いに、汗を流している。天狗山の大会は、J2大会唯一のクロスカントリーとダウンヒル両種目の開催。19日(土)には、ダウンヒルが行われ、20日(日)にクロスカントリーが行われる。

 20日(日)のクロスカントリーは、1周4,500m、スタート標高490m、標高差112mのコースに、1周から7周まで、小学生から一般の約150人の選手が挑む。

 第16回おたる運河ロードレース大会(小樽市・小樽市教育委員会主催)は、20日(日)に、小樽運河や小樽港の海風を受けて、約1,600名の選手が、ハーフマラソン・10km・5km・2.5kmのクラスに、9:00スタートで挑む。大会会場の色内ふ頭公園では、準備が整えられ、当日は周辺道路は交通規制があるので注意が必要だ。

 各種目、クラス別に6位までを入賞とし参加者全員に参加賞が出る。例年この大会は、思い思いの色とりどりのランニングウェアでの参加者で、コースに華やかな彩りを添える。完走者全員の記録は、これまで新聞に掲載されていたが、本大会よりインターネットでの掲載に変わり、スポーツ大会にもネットの影響が及びはじめている。

 ◎HOKKAIDO SPORTS COMMUNICATIONのHP

 ◎天狗山ロープウエイのHP

Oroad.jpg