小樽潮陵ついに全道決勝へ!強豪校破り大金星!なんとなんと、小樽潮陵がついにやりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月5日(土)10:30から、札幌円山球場で行われた、第43回春季全道高校野球大会の準決勝第1試合で、小樽潮陵が強豪・函館大有斗を6-3で下し、ついに念願の全道決勝進出を果たした。

 小樽潮陵高校(潮見台2)は、小樽きっての進学校として知られる。同校野球部は、ちょうど創部100周年を迎える。このメモリアルイヤーの全道決勝進出だけに、関係者は大喜びで、監督や選手はあと1勝と全道優勝へ向け、あらたに気を引き締めている。

 ◎第43回春季全道高校野球大会・準決勝第1試合の結果(6月5日)

       小樽潮陵 6-3 函館大有斗

      第2試合の結果

        駒大苫小牧4-3札幌国際情報


1

2

3

4

5

6

7

8

9


小樽潮陵

0

0

0

2

0

4

0

0

0

6

函大有斗

0

0

1

0

0

0

2

0

0

3

 潮陵のエース三輪投手が9回を完投。3回に函大有斗に1点を入れられ、先取点を許すも、4回表に当っている一塁手の三室選手が右中間にタイムリー二塁打を放ち、2点を叩き出して逆転。6回にも“潮打線”が爆発し、三室選手が3点目、ショート高田選手が4点目、一番サードの村上選手のタイムリー適時打で、さらに2点を追加。この回一挙に4点を取り、試合を決定付けた。

 7回裏に三輪投手に疲れが見えたところで、函大有斗が2点を奪ったが、この後、エースの三輪投手が踏ん張り、全道大会25度の出場と優勝2回の強豪校を退けて、大金星を挙げた。

 準決勝の第2試合は、駒大苫小牧が札幌国際情報を4-3で下した。

 札幌円山球場で、6日(日)13:00からの決勝戦は、小樽潮陵と駒大苫小牧が、全道No.1を巡って、最後の激突をする。

 応援に駆けつけた潮陵OBたちは、札幌円山球場で校歌を歌うのが夢だったが、今回の快進撃で3回も校歌を歌えたと、後輩たちの活躍に大満足。

 6日の決勝戦が、更に賑やかな応援で盛り上がることになる。

 フレー、フレー潮陵!フレー、フレー潮陵!ガンバレ、ガンバレ、潮陵!ガンバレ、ガンバレ、潮陵!

 関連記事1 関連記事2