潮見ヶ岡神社の例大祭開く!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽の夏祭りの始まりを告げる、潮見ヶ岡神社(若竹町)の例大祭が、5日(土)・6日(日)の2日間で行われた。
 神社前の通りには、特有の露店が並び、夏祭りの季節の雰囲気を盛り上げていた。神社境内では、カラオケ大会や子供相撲大会などが開かれていた。
 神社は、夏祭りの季節の緑で囲まれた中から、笛や太鼓の音が流れ、車列を並べて町内を練り走る祭り屋台車が、小樽の本格的な祭りの到来を告げていた。
 境内に作られた売店では、快晴の陽の下で子供たちが氷菓子に舌鼓をうち、相撲大会では大きな拍手が起こっていた。小樽の夏祭りは潮見ヶ岡神社に続き、各地区にある神社が次々と6月の各週に開かれる。