夏祭りの季節!水天宮例大祭開く!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

suitengu.jpg
 小樽三大祭りのトップを切って、水天宮例大祭が14日(月)から始まった。

 市民に親しまれている水天宮例大祭は、14日(月)が宵宮祭、15日(火)が本祭、16日(水)神幸祭の3日間。例年6月14・15・16日の3日間が水天宮の例大祭。

 浴衣姿の若い娘たちが、水天宮の参道の両側を埋めた屋台を覗く。祭り特有のイカ焼や焼きそばの匂いが辺りを覆う。3日間の夏祭りには、子供連れの家族や、若い男女が繰り出す。いよいよ小樽も夏祭りが本番だ。

 水天宮の祭りに合わせ、花銀通りでは「水天市」が開かれている。縁日やチャリティーオークション、森下卓九段による指導将棋、ロックバンドコンサート、ジャグラー「KURO」の技の披露などが行われる。

suitengu1.jpg
 花銀通りを通行止めにし、各商店は夜9:00まで時間延長で営業し、謝恩セールが用意され、カラオケ大会やビアガーデンも開店する。

 水天宮の例大祭に続き、6月20日から22日まで龍宮神社、7月14日から16日まで住吉神社と、小樽の三大夏祭りが開かれ、小樽の短い夏に彩りを添える。