メールから麦芽庫ライブvol.2ジャズ&ボサノバコンサート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小樽ジャーナル御中ご担当者様

 来月7/3(土)に開催致しますライブ情報をお知らせ致します。

■イベントタイトル

麦芽庫ライブvol.2

■ライブタイトル(サブタイトル)

ジャズ&ボサノバコンサート

■日時 7/3(土) 18:30開場 19:00開演 

■場所 小樽倉庫No.1(小樽ビール)三階 麦芽庫前特設会場

■出演 廣木光一(Guitar)トリオ 飯田雅春(Bass)、羽生一子(Drum)

 +奥野義典(sax) スペシャルゲスト 青木カナ from BRAZIL

■料金 ドリンク+おつまみ付き

大人\2,100 学割(中~大学生)\1,600 子供(小学生)\1,100 未就学児無料

 (アルコールを楽しめない方や未成年の方のために ジュース+ケーキもご用意しております。)

■チケット・予約 (追加)

小樽倉庫No.1 0134-21-2323

つい先ほど(6/24)、ローソンチケットでも買えるように登録致しました。

L(エル)コード「13390」です。

ローソン各店の通信端末ロッピーで明日6/25より購入できます。 

■後援 小樽市、小樽市教育委員会

■主催(取材・問い合せ)

 PIRKA MUSIC 〈ピリカミュージック)

 株式会社アレフ 音楽事業部

 〒047-0007 北海道小樽市港町5-4十夜一夜2F

 TEL 0134-31-2637、FAX 0134-31-2638 www.pirkamusic.com

 担当:横田正男 090-9800-7000 yokota@pirkamusic.com

■コメント

○出演者について

 東京で活躍している唯一無二のジャズギタリスト廣木光一さん率いるジャズトリオ。

 バンドのメンバーは,、現在小樽在住のコントラバス奏者飯田雅春さんと、小さい身体からたたき出される超パワフルなドラムの羽生一子さん。(将棋の羽生名人と従兄弟とはもはや有名な話?!)

 そこに小樽が生んだスーパーサックスプレイヤー奥野義典さんも加わって、夏らしいパワフルな演奏を響かせます。

 そして今回、スペシャルゲストとして、ブラジルから青木カナさんが遊びに来ます。

 マスターカードのCMソング「帰ろうかな」も記憶に新しい、あの透き通った独特の歌声の彼女は、日本語とポルトガル語とを織り交ぜた曲の数々が、ブラジル本国で絶賛を受けて数々の賞を獲得。

 現在、日本に逆輸入されて注目がぐんぐんと集まっている彼女に、間近に出会えるチャンスです。

 元気でパワフルなドラム羽生一子さんと、ラテン娘の青木カナさん2人の爆笑トークも楽しみです。

○会場について

 会場は、小樽倉庫No.1の三階にある倉庫スペース。ビールの原料である麦芽を保管している麦芽庫の空間を利用してライブを開催します。

 普段は一般のお客様は入れない場所で、ガラス越しに見える麦芽の袋が(ただの袋なのですが)、なんとも倉庫の雰囲気を出していてGood。石壁と木の床、太い木の梁、金属のダクトや配線がむき出しの倉庫は楽器の音を美しく響かせます。楽器本来の音を楽しめる麦芽庫のライブも今後、ご注目下さい。

○料金について

 多くの小樽市民によい演奏会を提供したいと言う思いから、今回可能な限り安い料金設定にしました。お子さまの料金を設定したのも、普段ジャズやボサノバがどうしても大人向けのイメージがあるからです。

 また、小さなお子さまを持つご家族は、ライブやコンサートにはなかなか行けません。未就学児を無料にして、子供が多少騒いでもokな楽しいコンサートライブを企画した次第です。

 以上です。

 着実に前進している小樽ジャーナルさんの活躍に私たちも頑張らなきゃと、励みになります。今後ともご活躍を応援しております。