ユニークな写真展「2004小樽・鉄路・写真展」開催!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 道内初の日本で3番目の鉄道、旧国鉄手宮線跡地を舞台に開かれる、野外写真展「2004小樽・鉄路・写真展」が、今年も23日(月)から始まった。今回も600枚を超える作品が展示されている。

 小樽の夏の終わりを知らせるイベントとして、今年で5回目を迎える。今年も夕方からライトアップをし、24時間無料で鑑賞することが出来る。

 写真を鑑賞するだけではなく、写真の展示方法にもユニークな手法が使われ、ひとつひとつを飽きさせない工夫がなされている。

 この廃線鉄路上や周囲の枕木などを利用した野外写真展は、8月23日(月)から9月5日(日)までの14日間。最終日の5日は17:00まで。

 2004小樽・鉄路・写真展公式HPはこちら

 2002鉄路写真展  2003鉄路写真展