祝優勝!南北海道代表・駒大苫小牧が全国制覇!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんと!なんと!誰もが思ってもいなかった、誰もが予想だにしなかった、南北海道地区代表の駒大苫小牧高校が、夏の高校野球甲子園決戦を制し、深紅の大優勝旗を、初めて北海道にもたらす大快挙を成し遂げた。

 あれよあれよという間に、第86回全国高校野球選手権大会の決勝戦まで上り詰めた駒大苫小牧が、8月22日(日)午後1:00から、春夏の全国制覇を狙う愛媛代表の済美と激突。大打撃戦を制し、13-10で全国制覇の夢の実現を果たした。

 南北海道地区は、小樽市や札幌市・苫小牧市などで形成されており、小樽にとっても地元地区代表の大金星に、テレビ観戦にくぎ付けになっていた市民から優勝の瞬間は、各所から拍手や歓声が流れていた。


1

2

3

4

5

6

7

8

9

済 美


2

3

0

0

1

3

0

1

0

10

駒大苫小牧


1

0

2

3

0

3

3

1

×

13