低気圧が発達!荒れた週末(27・28日)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月最後の週末となった27日(土)・28日(日)の小樽は、大荒れの天候に見舞われた。これは日本海にある低気圧が発達し、26日夜から28日にかけ、北海道付近を通過したことによる。

 このため、札幌管区気象台では、「低気圧に関する気象情報」や「大雪や強風に関する気象情報」を、次々と発表、警戒を呼びかけた。

 「暴風・波浪警報」や「暴風・波浪注意報」が出され、大雪による交通障害や突風や高波に注意を喚起している。

 27日(土)の最高気温は8.8℃、最低気温3.0℃だったが、28日(日)には最高気温0.9℃、最低気温-1.6℃とマイナス気温となった。日中も時折雪が強い風に煽られて舞い、海も大しけとなり、荒れた週末となった。

 札幌管区気象台では、28日17:30「冬型の気圧配置が続いており、上空に寒気が入っています。後志北部では、29日朝の内まで海上で、北西の風が強く、海は28日夜は、初め5mとしけるでしょう。波の高い状態は29日夕方まで続く見込み」としてる。