文化の日・博物館特別展示『永倉新八とその時代』!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新撰組の中核をなす二番隊組長を務め、神道無念流の免許皆伝の腕前で、池田屋事件などでも近藤勇らと奮戦し、晩年は小樽で過ごしたことで知られる、永倉新八に関する資料の展示が、11月3日から23日まで、小樽市博物館で始まる。

 文化の日特別展示『永倉新八とその時代』は、晩年を小樽で過ごした、永倉新八(新撰組副長助勤)に関わる資料を展示する。

 同資料は、北海道開拓記念館が所蔵する資料で、永倉愛用のチョッキや文書類、当時の小樽の地図や写真などを5ケースで展示する。

nagakura.jpg