鱗友朝市、明朝4:00に再起のオープン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


rinyu3.jpg

rinyu4.jpg

 9月の台風18号で、壊滅的被害を受けた“鱗友朝市”の新店舗が完成し、15日(水)午前4:00から再起のオープンをする。

 早朝から店を開く朝市として、市民や観光客に親しまれていた“鱗友朝市”(色内3)は、台風18号で屋根を吹き飛ばされ、建物が倒壊するという被害を受けた。しかし、同市場を運営する小樽鱗友商業協同組合(新保輝光理事長)は、壊れた建物の撤去跡で、9月23日から仮店舗での営業を開始。本建築での新店舗営業に備えていた。

 12月15日(水)4:00からオープンする新店舗は、海産物店10店と食堂2店の計12店が入る。海産物の10店舗は15日(水)から営業を始め、食堂2店は18日(土)からとなる。

鱗友朝市に入る店一覧

  大坂水産(海産物・タラバ・毛ガニ)

  木村商店(海産物・手作りかまぼこ製造販売)

  三印水産(かに専科)

  新保商店(ほっけ・にしん開き製造直販)

  高橋商店(海産物・タラバ・毛ガニ)

  努の店(鮮魚・海産物)

  中沖水産(海産物・タラバ・毛ガニ)

  西田商店(海産物・タラバ・毛ガニ)

  はすの商店(塩干物・珍味・水産加工品)

  やまざき水産(海産物・鮮魚・タラバ・毛ガニ)

  味さき(食事処)

  のんのん(おふくろの味)