護衛艦「はつゆき」が小樽入港!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 海上自衛隊の護衛艦「はつゆき」(2,950トン)が、14日(火)小樽港の第2ふ頭に着岸した。

 護衛艦「はつゆき」は、横須賀地方隊第12護衛隊所属で、物資の補給と隊員の休養のため入港した。

 同艦は2,950トン、長さ130m、幅13.6m、45,000馬力のガスタービン発動機4機を備え、最大速力30ノット。定員は200名。

 高いマストに特長があり、第2ふ頭で3人の船員と放置されたままになっているボリビア船籍の貨物船「ヤンホー号」と並んで停泊している。