“どんど焼き”で焼納供養!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽総鎮守の住吉神社(住ノ江)で、正月用の飾り物や門松、破魔矢、しめ飾りなどを焼納供養する“どんど焼き”が7日・8日の両日で行われた。
 8日(土)は、雪の降る中、不要となった正月の飾り物を手にした参拝者が、次々と訪れどんどの火にくべていた。

動画1  動画2