音楽隊の消えた消防出初式!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 小樽駅近くのアーケードのある都通り商店街を、制服姿で身を整えた消防職員や消防団が、両手を振って行進する、小樽市の消防出初式が、9日(日)10:00から行われた。
 小樽市消防本部が主催する消防出初式は、昨年と同じく、都通りアーケードを行進するもの。今年は消防音楽隊の生演奏がなく、テープによる行進曲で行われ、ここにも市の財政難によるケチケチぶりが波及していた。
 参加したのは、市消防職員136名、消防団員430名の計566名。山田勝麿市長の観閲を受けながらの行進で、10分程度で終了した。
 この後、消防協力者や消防団員勤続者などを表彰するセレモニーが、マリンホールで行われた。

動画1  動画2  動画3