動画"> 動画"> 小樽市2005年度も赤字予算計上!13年前に逆戻りの超緊縮型! <A HREF="../mov/yosan.MPG"><FONT COLOR="#FF0000"><B>動画</B></FONT></A>

小樽市2005年度も赤字予算計上!13年前に逆戻りの超緊縮型! 動画

シェアする

  • 動画|小樽ジャーナル" data-hatena-bookmark-layout="standard">このエントリーをはてなブックマークに追加


yosan1.jpg 小樽市の2005(平成17)年度予算案は、13年前に逆戻りの超緊縮型の編成で、「2年連続の赤字予算」となった。これは、2月10日(木)午前に小樽市役所で開かれた、市長記者会見で明らかになった。
 2005年度小樽市一般会計予算案は、2004年度より50億円(7.3%)少ない、約633億円となった。これは13年前の1992(平成4)年度の当初予算並みとなった。
 一般会計・特別会計・企業会計を加えた全会計でも、約38億円(2.5%)少ない約1,490億円で、全会計の規模が1,500億円を下回るのは、1997(平成9)年以来8年ぶりとなった。
 このため、新年度の予算編成は、各部各課から「広く薄く削り取った」超緊縮型の編成を行ったという。
 しかし、この超緊縮型予算でも、収支均衡はならず、新年度も3.9億円の赤字を計上する、2年連続の赤字予算となった。これは2005年度が借金返済のピークを迎えていることからで、過去のハコモノ予算のツケが押し寄せている。
yosan2.jpg 市では、この財政難を乗り切るため、なりふり構わずに、ふれあいパスの一部有料化、ごみ有料化、各種手数料の値上げなど、様々な面で市民負担を強いて、収入確保を図ってきたが、すでに「市民にこれ以上負担させるのは難しい」(市長)段階で、市民への転化策も限界に達していることを露呈している。
 これからは、人件費や経費削減、民間委託などで対応することにしており、市民に強いた負担増を、市役所職員全体で、いかに負担するかに、今後の財政健全化への道は懸かっている。

平成17年度予算総括表


平成17年度予算編成のポイント 平成17年予算編成の状況


平成17年度財政規模及び財源充当調


平成17年度主要施策一覧


 はぐぐみ、文化・創造プラン


 ふれあい、福祉・安心プラン


 うるおい、生活・快適プラン


 ゆたかさ、産業・活力プラン


 にぎわい、都市・形成プラン


 民間活力事業


 その他懸案事項