「雪とあかりのイメージコンテスト」に力作集う!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




雪あかり賞



街並賞



街並賞



街並賞



奇抜賞



奇抜賞



奇抜賞



職人賞



職人賞



職人賞



かわいいんで賞



かわいいんで賞



かわいいんで賞



浮き玉賞



浮き玉賞

 第7回小樽雪あかりの路(2月11日~20日)で、各会場を美しく飾った作品を競う、「雪とあかりのイメージコンテスト」の審査結果が発表された。
 今年の「雪とあかりのイメージコンテスト」には、127点の応募があり、これは過去2番目に多い応募数となった。賞には、小樽雪あかり賞や街並賞、奇抜賞、職人賞、かわいいんで賞、奨励賞の6種類。
 このうち、もっとも芸術的で美しく、雪とあかりが溶け込んだものとしての小樽雪あかり賞(1点)には、北海道済生会西小樽病院が輝いた。同院は16人のメンバーの協力で、圧倒的なスケールを細部までの端正なつくりで、これまでにない新鮮な作品を創作したことが評価された。
 街並賞(3点)には、小樽商科大学・石原裕次郎記念館・幸雪あかりの街実行委員会。
 奇抜賞(3点)は、豊倉小3・4年生親子一同・河尻悦子・市立小樽病院雪あかりともし隊。
 職人賞(3点)は、新沼雅満ほか1名・ロース幼稚園・雪あかり灯し隊(潮見台小有志の会)。
 かわいいんで賞(3点)は、OTARUワールドフレンズ・赤岩保育所・エスセーナ南小樽2管理組合。
 奨励賞(30点)は、天神小雪あかり実行委員会ほか29件。
 この他、メイン会場オブジェ作製参加団体コンテストでは、浮き玉賞が、たるぽん編集部とOTARUワールドフレンズに贈られた。
 同審査は、3月14日(月)市役所で小樽雪あかりの路実行委員会(佐藤公亮委員長)により行われた。
 コンテスト参加者の力作をネットでお楽しみ下さい。
 問合せ:小樽雪あかりの路実行委員会事務局(小樽市役所観光振興室内)
     0134-32-4111 内線267(保科・丸田)

 コンテスト審査詳細